ホワイトデー

数日前から彼に

「もう我慢できないよー!」

と言われてて、お部屋デートしてきました。


仕事早く終わらせて行こうって言ってたけど、めっちゃ忙しくなってどんどん終わる時間が遅くなる。

今日はもう無理かなって諦めてたら

「えー!俺は行く気満々だよ!」

「少しの時間でもいいから行こう!」

と言ってくれたので、超高速デートの始まり。


お部屋にいた時間は40分くらい?

短い時間でもたくさん愛してもらって、幸せ。

終わってから寝ちゃいそうな彼を起こして、ささっと服着て彼がお支払。

時間が短くても高いのねー。

なんか申し訳なくて

「こんなに高いの知らなかった、ごめんね」

って言ったら

「二人でいる大事な時間にお金出してるって思ったら全然高くないよ」

って。


そんな嬉しいこと言ってくれるんだ。

仕事中忙しすぎて、貴方にイラッとしたりムカッとしたりしてたのに(笑)

ごめんなさい。


そして、ずっと言いたかったこと。

「二人でいるときは名前で呼んでいい?」

OKもらって、名前で呼んでみる。

照れる彼がかわいい。


帰りに彼がポケットから小さな箱を取り出して

「これ少しだけど、バレンタインのお返し」

ってチョコくれた。

彼はそーゆうことしない人だと思ってたから凄く凄く嬉しかった。



彼のどこが好きって聞かれるとよく分からない。

彼に

「どこが好きか考えてみたけど分かんなくて、でも好きなの」

って言ったら

「どこが好きって言われても、そこが思ってたのと違ったってなったらイヤになっちゃうってことでしょ。だったら何か分かんないけど好きってほうが嬉しいよ」

って言ってた。

同じように私のことも好きですか?

出会ったときより二人とも年取ったね(笑)

あの頃はこんなふうになると思ってもなかったけど。

出会えたことに感謝してます。

でも、いつまで続けていけるかな…