ご機嫌いかが?

今日のタイトルは、仕事に行って彼を見て最初に思うこと(笑)

仕事も落ち着いてきて、彼も少し気持ちに余裕が出てきたのか、普通に会話できるようになった。

飲食店は、日によって忙しさも変わるので、毎日気持ちの変化があるわけで。

私は泣いて落ち込んで、ここで愚痴って吹っ切れた感もあるし。


二人で作業中の会話。

彼「うさちゃんの旦那さん◯◯なの?」

私「ん?何で知ってるの?」

彼「更衣室であんな大きな声でしゃべってたら聞こえるよ(笑)」

私「あはは(^o^;)」

旦那とのこと少し話す。

ここには詳しく書けないけど。

彼「旦那さんはうさちゃんのこと大好きなんだね。家族愛じゃなくて男女の愛。旦那さんって乙女思考だよね」

私「んー、私にも同じこと求められると乙女じゃない私には無理なんだけどね。それで喧嘩になる」

彼「そう?うさちゃんも乙女だなって思うよ」


えー、そうなんだ、ちょっと嬉しい。


彼「うさちゃん、これからも二人で会ってくれるの?」

私「うん」

彼「俺、うさちゃんに騙されてるんじゃないかって今でも思ってる。その気になってバカじゃないって思われてるのかなとか。俺、おこりんぼの嫌われものだし。どーせ俺のことなんてどうでもいいんだって思う。」

私「えっ!?私どんな悪女?そこまで性格悪くないよ(たぶん笑)

そんなことして私になんの得があるの?」

彼「違うならいい!凄く抱っこしたくなってきた!」(本当はもっと卑猥なこと言ってたけど)


それからは、私が倉庫に行くと自分も倉庫に行く用事作って追いかけてきてキスしたり、何回もわざとぶつかってきたり…

小学生か!

でも、可愛い。


他のパートさんと一緒に帰ろうとしたら、仕事の打ち合わせの話をしてきて私に残ってほしそうだったけど、いつもと違う行動したら怪しまれるでしょ(笑)

もうお店には彼しかいないから、私が残れば二人きりになれるんだけど…

たまにそういう時があって、二人で残ってイチャイチャしてたから。

今日も他の人を早く帰したくて、必死に仕事終わらせようとしてるのは分かってた。

でも、今日は他の人もいるし…

「お疲れさまでしたー」

吹っ切れた女は怖いのだ!

彼の努力も見て見ぬふり!

平気な顔して帰るのだ!

でも、小さい声で

「帰るふりして戻ってきて」

って言われ、どうしようか迷いながら運転してたら

「行っちゃった?よね…」

ってLINEがきて、忠犬うさこは

しっぽ振って戻りました(^_^;)


嬉しそうな彼とイチャイチャしてから帰りました。


彼の必死な感じが嬉しくて可愛くて。

彼の気持ちも少し分かって良かった。

始まりは気持ちを伝え合うことなくキスしちゃってるから、そのせいでお互い信じられないとこもあるのかなぁ。

私のこと信用してもらえるように、素直な気持ちを伝えていこうと思った日でした。


まあ、明日はどうなるか全く予想つかないけど。

二人が仲良しでいられるかは、彼の機嫌次第。