なぜか「バカヤロー!」と叫びたくなる

彼と久しぶりに会える~。

顔見れる~嬉しい!

お店に入る瞬間、緊張する!

嬉しくてご機嫌で仕事して、帰る時間。


偶然二人きりなのだけど…

私が帰ろうとしても、何にもしてこない( ;∀;)

ちょこちょこ話をして、なかなか帰らない私。

でも何にもしてこない。

久しぶりに会えたのに、さっ寂しい!

帰っちゃうよ~

もう本当に帰っちゃうよ(ノ_・、)

もじもじ帰らない私を見て、彼は笑いながら

「これから奥さんお店に来るから」


ガーン(|| ゜Д゜)


彼「だから、ね」


「だから、ね」ってなんだよー!

ぷーっと膨れっ面になる私。

ぶっさいくな顔してたんやろなー。


彼が困りながら

「じゃ、ちょっとだけぎゅーしよっか」

って言ってくれて、ぎゅーしてキスしてくれた。


っていうのが昨日の話。


今日は、途中でぶっ倒れるんじゃないかと思うくらい忙しくて、彼のこと考える余裕なし!

その方がいいのかも。

疲れた体とは反対に気持ちはなんだか穏やかだった。

疲れたーって思いながら、このまま普通の従業員に戻れないかなぁと思った。


家庭と私のことと両方うまくやろうとしてる彼がすごーくズルい男に見える。


家庭円満でも奥さんへの小さな不満はたまに言う。

私は聞きたくないんだよね~。

奥さんを幸せにしてやれよ、バカヤロー!

大事なら裏切るなよ、バカヤロー!

やっぱり奥さんに悪いからって言って、私のこと手放せよ、バカヤロー!

誰の味方なのか分かんない気持ちになる笑

女は女の味方だからみたいな?

私、全然女性らしさが足りないけど。


こうなると自分の気持ちもよく分からなくなってくる。


うーん。


寝よーっ。


明日はどんな日になるのかな。