不正解

彼とお部屋デート。

彼は自分のこと沢山話してくれた。

前回彼の悩みを聞いたときもそうだったけど、今まで誰にも話したことないって言いながら話してくれた。

奥さんが聞いてくれないから私に話すのかとも思ったけど、ちょっと違うかな…。

どうして私に話してくれるのか聞けばよかったかな。

聞いたらなんて答えてくれただろう。

私は勝手に、人生で初めて本当の自分のこと話せる人に出会えたって思ってくれてる、そう思うことにした。

誰にも話したことないけど、うさちゃんだけに本当の自分のこと話してるって言葉は私にはすごい殺し文句だった。

好きとか愛してるよりも嬉しかった。

彼とひとつになれたような感覚だった。


この日、本当は別れた方がいいって言うつもりで会ってた。


彼は奥さんとちゃんと向き合って生きていかなくちゃいけないんだって思う出来事があって。

帰る少し前にそのことを言ったら

「そんなこと考えてたの?人生の教科書があったら答えは別れることが正解なんだろうけど俺は正解を選ぶつもりはないよ」

って言われた。


人生の正解ってなんだろう。

清く正しく生きること?

別れたら彼は奥さんとしっかりした夫婦関係を築いて幸せでいられる。

私も罪悪感から解放される。

そう思っていたけど離れられなかった。

間違った答えを選んでまで、私と彼が離れられないことに何か意味はあるのかな。

彼と出会わなくて、彼を知らないままで生きていたらお互い幸せだったのかな。


大好きで大事な人。

不正解の人生でも彼には幸せでいてほしい。